日々の固定費を節約してリッチに生活!

格安SIMランキング

家計で大きな比率を占める固定費には、他に子供の教育費もあるが、ここは子供の将来に関わる大事な「投資」。よほど厳しい状況でない限り、率先して削るべき項目ではない。

まず減らすべきは四大固定費だ。

  • 自動車
  • 保険
  • 住宅
  • 教育

家賃や住宅ローンといった住居費、生命保険料や新聞代などの固定費の中には、「最低限支払わないといけない」というものもあります。今回は、年間200万円の種銭を作るために欠かせない、「4大固定費」をお伝えしたいと思います。

自動車の固定費

たとえば、300万円の自動車に7年間乗る場合のコストを考えてみましょう。自動車保険に年5万円、点検費用・消耗品の交換費用に年5万円、駐車場代に年24万円かかる場合、年間で約90万円の費用になります。加えてガソリン代なども。

生命保険の固定費

1ヵ月に7万円程の保険料をかけていたケースもありました。生命保険は一家の大黒柱の万一に備える遺族保障を目的とします。生命保険加入金額の平均は、男性で2043万円、女性で944万円というデータがあります(生命保険文化センター「生活保障に関する調査」平成22年度)が、万一のためにいくら準備をしておけばよいのか考えましょう。

住宅ローンの固定費

まず、駐車場の点検・修繕など維持費用に使用し、余った分はマンション全体の「管理費」または「修繕積立金」とするケースが多い。自分の家の「維持費用」は自分で用意するマンションの住戸内のリフォーム費用マンションの共用部分の維持管理は、管理費や修繕積立金で行われるが、住戸内(専有部分)の壁紙やフローリング、水まわり設備などの維持管理は、所有者が自分で行う。一般的にマンションの内装や設備は、築10年~20年にかけて、徐々に修繕や取り替えが必要になってくる。

学費や教育などの固定費

まず共働きで保育園に子供を通わせるなら、そもそも前提条件が異なります。地域と年収によって保育料が変わる認可保育園の例を出してみましょう。1歳で仕事に復帰するなら3年保育の幼稚園児に比べると、2年分で84万円の教育費(保育料)が余計にかかります。

近年ではスマートフォンや携帯料金も

しかし、近年では生活費などの固定費の他に、携帯料金やスマートフォンも生活必需品となっていますね。普及率が123%なので1人1台以上携帯を持っている計算になる。携帯普及率が100%超え 設備投資が必要 代理店へのインセンティブ これらに関する費用が、通信に織り込まれプランが立案されているわけである。すなわち他キャリアからユーザーを奪うか、1人当たりの使用台数を増やすかになるわけだ。

なぜこれだけ儲かるか、というと、一言で言えば規制産業だからです。規制緩和をしようにも、ゼロにすることは出来ません。携帯電話の周波数帯で、誰もが自由に電波を飛ばし始めると、干渉しまくってサービスにならなくなります。日本では、政府がドコモに対してMVNOでの回線開放、料金値下げをプッシュしているためか、最近非常に活性化している。